籾摺り(もみすり)と脱穀(だっこく)

稲穂をもらいました。

そこで脱穀と籾摺りを手作業でしょうかと、昨年はすり鉢で臨みましたが、今年は別の方法を試してみました。

籾摺り器を購入。

送料込みでA(左)は、6,700円とB(右)は3,500円ほどでした。

思ったより小型(鉛筆削りに似てる!)でなかなか作業は進みません。

これらの商品もあくまで実験調査用のもので、実用品ではないからでしょうか。

Aは玄米と籾とがそれぞれ分かれて出てきますが、Bは同時に出てくるのでもう一度選別する必要があります。

Aの籾摺り成功率も9割ほどで1割程度は籾摺りできていない状態で出てきてしまいます。

まあ楽しいは楽しいけど…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

土曜日営業のお知らせ