~コロナ禍によるOT臨床実習中止学生を対象に模擬実習機会を提供します~

・コロナ禍で臨床実習中止となった最終学年OTSが対象
・養成校経由ではなく直接問い合わせ(メール)OK
・片麻痺のある当作業所利用者さんを対象に評価および模擬治療練習
・高次脳機能障害、精神障害など幅広い障害像の利用者さんが通っているので、当事者の了承を得られればどの方でも対象に
・1日コースでAM作業所体験見学、PM1時間程マンツーマン(OTS2人まで可)での評価、模擬治療練習
・終了後OTRによるフィードバック、希望者には後日レポート添削もします
・費用1日2,000円、全額作業所利用者さんへの工賃(給料)となります
・学生さんのご自宅等へのデリバリー対応も可能です。利用者さんとOTRとで訪問します。このコースは滞在1時間程で5,000円+交通費。
・遠方の方、要相談。
・応募者全員の受け入れの確約はできません。
・養成校経由でのご依頼は各校規定実習費も考慮致します。

OTSの長期総合臨床実習がコロナ禍で中止に追い込まれていると聞いております。現状では実習受け入れを断る医療機関が大半だと思います。当事業所通所利用している障害者は仕事/作業をこなし、全身状態もよい方々です。多くの学生が集まるという環境もでなく、医療機関でもないです。医療職をめざす学生として新型コロナウイルス感染症対策を十分に行った上で、模擬実習生として受け入れたく存じます。

このままでは最終学年で患者さん、障害ある方と直接触れ合わないまま卒業、国試、来春臨床に出ていくことになりかねません。それを多くの先輩作業療法士だけではなく、入院時にはOTやPTの支援を受けた元患者さんである障害ある方々も心配しています。微力ながらの試みですが、熱意あるOTSのご連絡お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です