ゆずりは作業所におけるスポーツの取り組み

ゆずりは作業所では、余暇活動への支援としてスポーツにも積極的に取り組んでいます。

いわゆる障害者スポーツということになるのですが、一般の障害者スポーツと違うころは、障害の種類や程度によってわけられていないところです。

身体障害、精神障害、発達障害、高次脳機能障害、知的障害、、、

さまざまな障害をもった方がごちゃ混ぜにスポーツを楽しんでいます。

もちろんスタッフも一緒です。

そんな一風変わったゆずりは作業所のスポーツ。

今回は様々な活動の一部を紹介したいと思います。

卓球場を併設

ゆずりは作業所は、豊中市東泉ヶ丘というところにあります。

ここで、革細工や木工、あんでるせん、料理、ポスティングなど様々な仕事を行っています。

いわば本拠地なんですが、その向かいにも部屋があり、一室が卓球場となっています。

仕事で使うこともありますが、昼休みや作業後の時間には自由に卓球を楽しめるレクリエーション室です。

ゆずりはスポーツの日

ゆずりは作業所では、月に1回スポーツを楽しむ時間を設けています。

現在は豊中市障害福祉センターひまわりの体育室をお借りして、バドミントンや卓球、バスケットボールなどに取り組んでいます。

卓球大会(ゆずりはカップ)

平日の昼休みを利用して卓球大会を開催しています。

利用者さんもスタッフもごちゃ混ぜで15人強の方が参加。

リーグ戦でガチンコの戦いを繰り広げています。

優勝者には豪華賞品も!(まだ決まっていませんが・・・)

ソーシャルバスケットボール協会を協賛

精神障がいがある人のバスケットボールを統括する団体

を協賛しています。

エーネン大阪を協賛

「精神障害や発達障害の当事者が安心して楽しむことができる」

というコンセプトでスポーツやアート活動を展開している

を協賛しています。

就労継続支援事業所とスポーツ

全国各地の就労継続支援事業所でもスポーツに関する様々な取り組みがあるようです。

最近はeスポーツを取り入れている事業所さんも多いみたいですね。

いつか他の事業所さんとも一緒に何かできればと思います。

さいごに

楽しく生きていくためには、仕事だけじゃなく余暇活動も大切ですよね。

健康を維持するためにも適度な運動は推奨されています。

楽しみの為にも健康の為にも利用者さんが色んなスポーツを楽しめるような取り組みを進めていきたいと思います。

豊中市にある就労継続支援B型事業所「ゆずりは作業所」

・「いろいろな作業をしたい」

・「仕事をしたい」

・「生活リズムをつけたい」

・「居場所をつくりたい」

・「仲間をつくりたい」

・「社会とつながっていたい」

・「基礎体力をつけたい」

心身に障がいある方々の幅広いニーズに答えられるよう、様々な作業を提供しています。

機能訓練的なリハビリを終了した方、

または併用して応用的なリハビリ、社会的なリハビリの必要な方々に対応します。

お気軽にお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です