靴下ハギレを使った指編み

靴下工場では、製造工程上リング状のハギレができるそうです。

そのカラフルなハギレを利用していろいろなリサイクル作品ができます。

奈良県広陵町は靴下で有名のようで、その広陵町商工会からいただいた靴下ハギレを使い、当作業所でもいろいろ作っています。

段ボール3箱分、すごい量でした。

下の写真はほんの一部です。

まずは色の仕分けから。

指で編んでいくと鍋敷きや座布団、マットなどができあがります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

新年のご挨拶

次の記事

スワンベーカリー