トイレドア

トイレの電気が点灯しているかどうか、使用中かどうか、スタイリッシュなデザインだからか?

分かりにくく、使用中なのに電気を消されてしまうことがたびたびありました。

そこでトイレドアを改修してみました!

  1. ドアを外し上部をくり抜く(棺桶みたい)
  2. 通販で買ったステンドグラスをはめる
  3. 飾りの枠をつける

ドア構造は2mmのベニヤの間にダンボール状の紙で結合されていて、簡単にくり抜けます。

ただこのようなドアが○万円もするんですよね(^_^;)

これで電気がついているかどうか一目瞭然!

デザインも気に入りました。

費用はステンドグラスは4,500円程、飾り枠約400円。

皆さんのご自宅もいかがです?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です